お客様の声
鳥取県米子市:Y様邸
Q. 家を建てよう(リニューアルしよう)と決めたきっかけを教えてください

A. アパートにずっと住んでいて、早いに越したことはないかなと思ったからです。それに金利も低かった事もありました。自分たちで勝手にローンが通らないんじゃないかどうなのかなど不安もありました。


Q. 島津組をどの様にして知りましたか?

A. 僕は、元々仕事の関係で知っていました(ご主人様)。私は、看板で知りました(奥様)。
イベントはアパートにチラシが入っていた「中古住宅のリフォーム見学会」を見に行ったのが最初でした。
それから連絡をしたのは、気になる土地を妻が見つけてLIXIL不動産ショップの看板を見て連絡したのがきっかけです。


Q. 依頼の決め手を教えてください。

A. 他社は、見学会に行った時に「まだ土地が決まってない」と伝えると特に連絡をもらったりすることはなかったですが、土地の情報をいただいた中で土地を決定していって、不動産事業部の大江さんと話をしたあと、営業の藤井さんにバトンタッチして話をしてもらいました。
住まいのイメージとか自分たちが結構はっきりとあってその話をさせてもらって、ラフの図面を書いてもらってと進んでいって、資金面もOKだったので依頼となりました。
Q. 以前のお住まいにはどんな不満がありましたか?

A. アパートでは、結露がすごくいやでした。カーテンや窓廻りのクロスにもカビが付いてしまっていました。あきらめていましたが、部屋も狭かったです。子供が小さい頃だったから、ぎりぎり大丈夫だったかなと思います。キッチンが狭かったですね。
あと賃貸の時は、壁に穴をあけないようになど、インテリアに気をつかわないといけなかったですね。
お風呂も寒くて、溜めたお湯が100%冷めてしまっていました。
Q. その不満は解決されましたか?

A. 格段によくなりました。
僕はやっぱりお風呂がすごくよかったです。寒さもないですし、妻はずっとキッチンにいますね。ご飯もキッチンでとるくらい。
それぞれの不満がなくなりました。


Q. どんな部分に最も重点を置いて間取りや機能を決めましたか?
A. 「寝室はベッド置くだけ」とか、こだわらなくていい部分は決め込んでいました。
間取りとかは、自分たちが住むところを想像した動線を考えて、打合せで相談させてもらいながら決めていきました。
Q. 建築前や建築中に印象に残ったエピソードはありましたか?

A. 担当スタッフの方が妊娠していたと知ったことですかね!笑
子どもが男の子2人で打合せ中にその相手をしてもらっていたので、助かりました。
決める事は思った以上にあって大変だったんですが、宿題のように決める事を小分けに教えてもらって決めていけたのもよかったです。
「こうしたい」「こんな感じがいい」など、やりたいイメージがたくさんあってどうしたらよいかをコーディネーターの方に相談できるのもすごくよかったです。
選択肢が多すぎると悩んでしまうところを、好きなイメージ5個くらいに絞って提案してもらえて助かりました。
現場担当のスタッフの方から、工事中の節目に連絡をいただいて出来上がっていくところを見られたのも感動しました。


Q. 実際の住み心地はいかがですか?

A. 最初の2ヶ月くらいは人のお家に行くような感覚でした。
僕は、お風呂が冬でも床が冷たくなくて、あとは追い炊き機能が付いたり掃除がしやすくなったりして快適になったなあと実感しています。掃除のしやすさはトイレも感じています。
造り付けの棚を設置した事もよかったなと感じています。住まいのところどころにインテリア雑貨を飾って、季節によって変えて楽しんでいます。
WICの空間が最高です。ドアがいらないなと住んでより実感しました。あの空間がないと思うとゾッとしますね。


Q. 島津組からの提案やサービスはご要望に沿っていましたか?

A. そうですね!
お家の相談にたくさん乗っていただいて、提案もしてもらってとてもよかったです。


Q. 島津組のスタッフの印象はいかがでしたか?

A. すごくよかったです。みなさん気さくでした。おもしろかったです。
特に印象に残っているのは受付の方ですね。いつも行くと笑顔で元気に迎えてもらいました。
みなさんとても相談しやすかったです。
届けていただいている「情報誌」もとてもよくて、レシピが載っていたりいろんな情報が載っていたりするのがいいですね。
大江さんは、眼鏡をかけていて真面目なイメージがあったんですけど、あとからインスタグラムか何かの写真で、大江さんがVRを見て驚いている感じの写真を見たり、ギターをされていたという情報を聞いたりして「めっちゃアクティブじゃん(笑)」と思ったので、最初からアクティブな部分を出した方が良いと思いますよ。
メンテナンスとかアフターサービスで見に来てもらえるのもすごくいいです。
Q. これから家を建てる(リニューアルする)方へアドバイスをお願いします。

A. お家を考えて最初の段階だったら、いろいろなお家(見学会)を見に行って、それぞれの工務店さんの個性を見られた方がいいと思いますね。「木を使うのが得意」なところがあれば「形が特徴的」なところがあり「照明とか機能」に力を入れているところなど、本当にその会社の色があるので。

あとは、やりたいことを全部やろうと思ったら、絶対に高くなるので『ここはお金をかけない!』という場所を半分くらいつくって「ここにはこだわらない。こだわりたいけどこだわらない。」と決めておくといいかなと思います。 『生活していて、1日の中で一番居るのはどこか』で決めたところがありました。
例えば、寝室だと2階の中でメインっぽいイメージがあるけど、実際に目を開けている時間は10分くらいしかないのでそこはこだわらないとか、予算と力を入れる場所のバランスを意識していました。

夫婦間での趣味が合っていたので、こだわりがぶつかることもなく相手に任せっきりになることもしていなかったので、お互いに「どう思うか」を共有していました。