暮らしの情報
2021.10.28

快適な住まいの工夫! ~マド編①~

こんにちは!島津組の広報担当です。 だんだんと冬の気配が近づいてきましたね。急な寒さで体調はいかがでしょうか?   さて、本日お話しするのはお家の窓についてです! 窓には明るさや、眺望など様々なメリットがあります。 今回はそんな窓のメリットを活かす工夫をご紹介します。

窓が暖房に?配置の工夫!

窓は光を通します、そして太陽光は熱エネルギーを生みます。 車に乗っていると、外の光で暑いと思われた経験はございませんか? それが太陽光の力です! 1セットのサッシから入ってくる熱は電気ストーブ3台分ともいわれているのです。   そんな窓ですが、太陽が一番長く昇る南側に大きく配置することが有効です。 更に、ガラスは日射取得型(太陽光を反射しにくい窓)にすることでもっと効率アップです! また、夏の暑さ対策として南側の大きな窓には庇をつけることをお忘れなく!スタイルシェードも有効です。 東西方向の窓は日射遮蔽型(大陽光を反射しやすい窓)にしましょう! 東西方向は、夏に太陽が低い位置にいるため太陽光が部屋の奥まで入ってきやすくなるためです。  

本日のまとめ

・サッシは南側に大きく配置することで、効率UP! ・夏は太陽光が入ると暑いので、外で遮る!(シェード、庇、すだれ等々) ・暖房と一緒にカーテンを開けて、電気代を節約! ・サッシはガラスの種類で使い分ける。 南北方向は取得型(太陽光を入れやすい)東西方向は遮蔽型(太陽光を反射しやすい)にすることで夏冬快適な住まいに!

Read More
2021.04.23

「住まいづくり相談会&セミナー」ってどんなもの?

こんにちは!

はじめての住まいづくりは分からないことだらけ。

「何から始めていいのか分からない」

「どこに相談したらいいのか分からない」

そんなときに活用していただきたいのが島津組の「住まいづくり相談会」です。

◆住まいづくりで後悔してほしくない 

皆さんはご存知でしょうか。実は、比較的新しい家に住んでいる方でも建てた家に何らか不満を抱えているのです。暮らしに合わない間取りや冬の寒さ・夏の暑さ、光熱費が高い、高すぎる住宅ローンなど、人によって理由はさまざまですが、家づくりに関わる私たちにとって、それはあってはならないこと。

多くの場合、性能や使い勝手を無視した見た目や、必要な部分のコストまで抑えたローコストの家づくりが原因。家づくりを始める前に、さまざまな疑問を解決するとともに、家づくりで本当に大切なことを知っていただきたいと思っています。そんな想いで毎月開催しているのが「住まいづくり相談会」です。

◆どんなことが相談できるの?

「住まいづくり相談会」は、家づくりに対する疑問や不安を伺いながら、失敗しない家づくりのポイントや島津組の家づくりについてもお伝えしていきます。

✔家づくりの手順について

✔土地探しについて

✔資金計画のこと

✔デザインや間取り、性能のこと

など、家づくりに関することを何でもご相談ください!

住まいづくり相談会は、3日前までのご予約で随時開催いたします。

住まいづくりセミナー(勉強会)も定期的に開催しています。

◆今後の住まいづくりセミナー

※参加費無料

ご来場の方には、某コーヒー店のギフト券1,000円分をプレゼントいたします!

さらに今なら、『iittalaのペアグラス』もプレゼント!  

恐らく多くの方にとって一生で一番大きな買い物である「家」。だからこそ、家づくりで本当に必要なことを知り、後悔のないマイホームを叶えてほしいと思っています。

この機会にぜひ学んでみませんか?

Read More
2021.03.18

空間のアクセントに!デザイン建具&デザインガラス

こんにちは! 島津組の広報担当です。   島津組のこだわりの1つであるデザイン建具やデザインガラスは、空間のアクセントになり、オシャレな雰囲気づくりにぴったり! お客様にも好評です。 今回は、デザイン建具とデザインガラスの事例をご紹介します。  

デザインガラス入りの建具が玄関のアクセントに

  玄関の壁に設置したのは、表情が異なるガラスを組み合わせたデザイン建具。レトロなデザインがアンティーク風の雰囲気に。爽やかな白い壁と木製の建具が温かみのある優しい空間を演出しています。不透明な磨りガラスを採用することで、空間に広がりを感じさせながらも、玄関から向こう側の部屋が見えないのもポイントです。  

障子の一部にはめたデザインガラス

  昔ながらの和室も、デザインガラスとの組み合わせで、ぐんとオシャレに品良くなります。空間に抜け感が出るのもポイント! 1枚1枚デザインが違うガラスを選ぶ楽しみも増えそうです。  

色みで楽しむデザインガラス

  階段の壁に設けたカラフルなデザインガラスが楽しませてくれます。吹き抜けと窓で階段も明るい空間に。 洗面スペースの目隠しに取り付けたデザイン建具。様々なデザインガラスを組み合わせた建具がオシャレな空間を彩ります。  

かわいらしい雰囲気を演出する扉

  玄関ホールからLDKに繋がる扉は、おうちに帰ってきたときにパッと目につく場所。かわいらしいブルー建具にデザインガラスをはめこみ、元気になれる空間に。来客時にもオシャレな印象を与えてくれます。     将来は2部屋に仕切れるように設計した子ども部屋の扉にも、デザイン建具を設置。ポップな印象のチェッカーガラスをはめこみました。それぞれの扉の色みを変えたのもポイント。選ぶ楽しみも増えそうです。     世界でたったひとつだけのオリジナルの建具が、毎日の暮らしに彩りをプラスします。 こだわりの住まいも島津組にぜひご相談ください!

Read More
2021.03.09

住まいづくりを始める前に考えておきたいこと

こんにちは! 島津組の広報担当です。   「住まいづくりって何から始めたらいいんだろう?」 今回は、住まいづくりを始める前に考えておきたいポイントをご紹介します!  

土地探しからお引き渡しまでの期間

  住まいづくりは、「土地探し」から。住環境を確認した上で、その土地に合ったプランを提案します。理想の土地に出会うまでの期間は本当に人それぞれですが、2〜3年は見ておくと安心です。 土地が決まった後は、工務店選び、家のプランニング、申請等の手続き、工事と、想像以上にたくさんの工程や決め事があります。土地が決まってから1年近くのお付き合いになります。  

オーダーメイドのライフプラン

  多くの方が不安に感じているのが資金計画ではないでしょうか? 安心して住まいづくりを始めていただくためには、将来まで見据えたライフプランから資金計画を立てることが大切です。島津組では、社外のファイナンシャルプランナー(FP)による無料の相談会を行っています。資金計画のお悩みや疑問点の解消にお役立ていただいています。  

住宅性能のことも知っておく

  最初はデザイン面に目が行きがちですが、住まいを守る性能についても知っておくことが大切です。例えば、「断熱性」のこと。断熱材の種類によって断熱性能に差があります。断熱性能は健康にも関わる大事な要素。光熱費にも影響します。専門的な細かい知識までは必要ありませんが、最低限押さえておきたい性能がいくつかあります。島津組では、毎月無料のセミナーも開催していますので、お気軽にご参加ください!     島津組は、新築住宅事業以外にリフォーム事業や不動産事業も行っていて、暮らしに関わるお悩みをトータルでサポートしています。 未来までの安心な暮らしをお届けします。

Read More
2021.02.02

作ってよかった! 満足度が高いオーダーメイドの収納5選

こんにちは! 島津組の広報担当です。   島津組では、お客様のライフスタイルに合わせて作るオーダーメイドの収納が人気です。暮らしに合わせて作るので、見た目も使い勝手の良さも抜群! 多くの方にご満足をいただいています! 今回は「作ってよかった!」と特に好評だった収納をご紹介します。  

キッチンまわりの収納

  使いやすさも見た目も重要なキッチンまわりの収納は、既製品以外にもオーダーメイドの収納が人気! 既製品とオーダーの組み合わせも、もちろん可能です。 LDKからも見えるキッチンの背面の棚は、見た目にもこだわりたい場所。見せる収納で、お気に入りのキッチン雑貨を並べてインテリアとして楽しむのもおすすめです。     モノが少ない方やキッチン周りをすっきりさせたい方には最低限の収納を。モノが多くカップボードだけだと足りない方や、食材のストックや日用品の収納スペースを確保したい方にはパントリーをつくるなど、それぞれの暮らしに合わせてご提案しています。  

シューズクローク

  玄関横のシューズクロークは、家族分の靴だけでなく、コート類や趣味の道具、外で使う子どものおもちゃなどを収納するスペースに。子どもが成長して靴が増えたときやサイズが大きくなった場合にも対応できるように、可動式の棚にしておくと便利です。  

洗面脱衣室の収納

  洗面台の収納や脱衣スペースの収納も造作。必要な場所に必要な収納をつくるので、「使いやすい!」と好評です。洗面脱衣室は室内干しスペースとあわせて、洗濯物をたたむカウンターや衣類を収納するクロークのご要望も多いです。洗濯物を洗って干して収納するまでの作業が効率よくでき、家事ラクを叶えてくれます!  

リビング収納

  本や書類、子どものおもちゃなど、何かとモノが溢れがちなリビングには収納が欠かせません。既製品の家具の場合、サイズが合わないことや組み合わせによって空間に凹凸ができてしまうといったことも。島津組では、リビングで必要なモノに合わせてオーダーメイドの収納を作ることで、すっきりとしたリビングを実現しています。掃除がしやすくなるのもオーダーメイドならではの魅力です。  

ウォークインクローゼット

  人気のウォークインクローゼットは、使う人によってサイズ感も棚の位置も全く違うものに。「何を収納したいのか」「どう使いたいのか」など、事前に細かくヒアリングをしますので、その方にぴったりの収納空間が完成します!  

本棚

  本好きのお客様のご要望で作ったのは可動式の本棚! 前後に重なるように本棚を作っているので、寝室の限られたスペースの中で大量の本を収納できます。また、吹き抜け部分に作った趣味部屋にも大容量の本棚を設置。一人でゆっくりと読書の時間を楽しめます。     島津組が得意とするオーダーメイドの技術で、世界でたった1つの収納を作りませんか? デザイン性も使い勝手もきっと想像以上のご満足をお届けできると思います。

Read More
2021.01.19

ライフスタイルに合わせた畳コーナーの活用法

こんにちは! 島津組の広報担当です。   「和室」は、今も昔も変わらず、なんだかほっとする場所ですよね。昔は「来客のスペース」という位置付けでしたが、最近では生活空間の一部としてリビングの延長に「畳コーナー」を持つ方が多くなってきました。畳コーナーは、ライフスタイルに合わせて使えてとっても便利! では、どんな活用法があるのでしょうか? 今回は、その活用法をご紹介していきます!  

和室はLDKの一角に

最近は、LDKの一角に和室を作る間取りが多くなっています。建具をつけずに畳スペースとして使う方もいますが、LDKと和室を仕切りたい場合は引き込みタイプの建具がおすすめです。来客時には扉を閉めて個室に、普段は扉を全開にすればLDKと繋がって広々とした空間が拡がります。 畳は昔ながらのい草以外に、和紙を使った和紙畳も人気。メンテナンス性が高く、和モダンな和室空間を作れるのもポイントです。  

収納付きの小上がり和室

お客様からご要望が多いのが小上がりの和室。お子様の寝かしつけや遊び場所、ちょっと腰掛けるスペースとしても便利です。段差の部分には収納を設けて、お子様のおもちゃや普段は使わない座布団など、使用頻度の少ないものやちょっとした小物の収納に便利です。LDKの一角にあって日当たりがいいので、休日は家族で日向ぼっこやお昼寝をするのもいいですよね♪  

スタディスペース&ワークスペース

和室の一角にカウンターを設置して、スタディスペースやワークスペースを兼ねた空間に。キッチンから目が届く場所にあるので、家事をしながら勉強するお子様の様子を見守れます。また、これからますます増えることが予想される在宅ワークにも対応できるスペースです。LDKの一角にありながら空間が区切られているので、家の中の様子を気にせずに仕事に集中できそうです。     住まい方の変化によって間取りや空間の作り方も変わってきています。 島津組では、ご家族の住まい方を細かくヒアリングしてプランニングをしていくので、快適で心地よい住まいをご実感いただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

Read More
2021.01.14

子育て世代へおすすめの間取りとは?

こんにちは! 島津組の広報担当です。   お子様の成長に合わせて、暮らし方は変わっていきます。今も未来も快適に暮らせるように、将来的に巣立っていくことも見据えた住まいの計画が大切です。  

数年後に部屋を2つに分けられる

子ども部屋を考えるときには、子どもの成長によって「子ども部屋を使わない時期」と「子ども部屋を使う時期」があることを踏まえて計画することが大切です。 お子様の年齢や人数、性別にもよりますが、人気なのがお子様の成長に合わせて部屋を仕切れる可変性のある間取りです。扉、収納、照明など必要なものをあらかじめ2つずつ作っておいて、お子様の個室が必要な時期に部屋を2つに仕切れるように設計。お子様が巣立ったあとは、またワンルームに戻すこともできます。  

家族共有で使えるスタディスペース

最近は、子ども部屋ではなく、リビングやダイニングで勉強をするスタイルが主流になってきました。キッチンから見える場所にスタディスペースを作ることで、お子様の勉強に目が届きます。また、適度に音がある場所で勉強をすることによって集中力も養われると言われています。 PCスペースや作業スペースとして家族共有で使えるのも魅力です。  

和室は多目的に使えるスペース

和室は来客だけでなく、お子様の寝かしつけや遊びのスペースとしても役立ちます! LDKの一角に作った和室は、キッチンからお子様の様子が見えるのも嬉しいポイント。雨の日や家で過ごす時間が多い今の時期には、プラスαのスペースは何かと便利です。小上がりにして収納を設けるのもおすすめです。  

家事ラク動線で時短&効率アップ

キッチンから洗面脱衣室が一直線で繋がる間取りは、家事動線を効率良くして家事ラクを叶えます。忙しい子育て世代に特に好評です。さらに、洗面脱衣室の横にクローゼットを設ける間取りも人気! 洗濯してから収納までの作業をここだけで完結でき、洗濯の時短に! 忙しい毎日だから、家事はできるだけラクに時短で済ませたいですよね!     長く快適に住み続けるためにも、先々まで考えた住まいづくりをしたいですね。 リフォーム事業も手がけている島津組だからこそできるご提案があります。 まずは、ご相談からお気軽にお問い合わせください!

Read More
2020.12.17

収納上手な間取り提案

こんにちは! 島津組の広報担当です。

 

最近は、リビングやダイニングから目に付くLDK型のキッチンが多くなっているので、キッチンを考える上で収納は重要なポイント。今回は、ご要望が多い「キッチンまわりの収納のポイント」についてご紹介します!

◆見せたいor隠したい? 

最近はオシャレなキッチン家電やお気に入りのアイテムを飾って楽しむ方も増えてきていますよね。キッチンまわりを「見せる」のか、「隠す」のかは、「こまめに片付けができるか」を基準に決めていくのがおすすめです。

見せる収納は憧れではありますが、片付けが苦手な方の場合はいつの間にかモノが溢れ、生活感が出てしまうことも・・・。それぞれの特性に合わせて、見せる収納と隠す収納を上手に組み合わせながら、快適なキッチン空間をキープしたいものです。

◆モノを多く隠したい方には収納付きカウンター

モノが多い方におすすめなのは、カウンターの前面にも収納が付いたもの。オシャレなオープンキッチンは、作業する手元が丸見えになってしまうのが難点。収納が豊富にあるキッチンならカウンターに置きっぱなしにしがちなモノを収納して、すっきりとした空間をキープしやすくなります。カウンター壁面の収納はダイニングでよく使うアイテムを収納する場所としても便利です。

◆見せる収納を楽しみたい方に

片付けが得意な方、お気に入りのモノを見せて楽しみたい方には、腰までの高さのカップボードがおすすめです。上段は、オシャレなキッチン家電や雑貨などを置くスペースとして使っていただけます! リビングやダイニングからも見えるアイテムは、インテリアのようにキッチンをぐんとオシャレな空間に見せてくれます♪

◆パントリーでストックがある安心感を 

食品や日用品のストック置き場として活躍するのがパントリー。キッチンの横に作ったパントリーは、キッチンで作業をしながら必要なときにさっと取り出せます。リビングやダイニングから見えないのも嬉しいポイントです。パントリーに勝手口をつければ、買ってきた荷物の搬入やゴミ出しもラクにできますよ!

収納もそれぞれの暮らしに合わせて上手に選びたいですね。

Read More
2020.12.15

家を建てるにあたって必要なお金のこと

こんにちは!

島津組の広報担当です。

「いくらで建てられるんだろう?」

「毎月いくらなら返せるんだろう?」

住まいを考えるときに、一番気になるのがお金のことではないでしょうか? 初めての住まいづくりは、分からないことだらけ。だからこそ、私たちにご相談いただきたいと思っています。

 

◆現状と住まいづくりにかかるお金のことを知る

最初のスタートは、現状を把握することから。

・現在の収入はいくらか

・毎月何にどのくらいかかっているのか

・現金はいくら充てられるのか

現状を正確に知った上で、住まいにかけられる予算や月々の支払い額などを算出していきます。「住宅ローンを払えるかどうか」はもちろん大切ですが、もっと大切なのは「家を建てたことでより幸せに豊かな暮らしをすること」。

日々の暮らしや趣味なども楽しみながら、無理なく支払っていけるように。住まいづくり相談では、1つ1つ丁寧にヒアリングをしながらここまでの過程を一緒に考えていきます。

 

◆将来を見据えてお金のことを考える

島津組では、社外のファイナンシャルプランナーによる無料個別相談会を行っています。目の前のお金のことだけではなく、お子様の成長とともに必要となる教育資金や老後の資金など、人生全体を通してかかるお金のことを具体的に知ることができます。その上で、住まいづくりの予算や住宅ローンなどを決められるので、より安心して住まいづくりを進めることができます。資金計画のお悩みや疑問点の解消にお役立てください。

 

ご希望の方には、ファイナンシャルプランナーによる個別相談のご予約を承っており、万全の体制で住まいにかかる資金のこともサポートさせていただきます。

まずは、お気軽にお問い合わせください!

Read More
2020.12.10

冬の結露を防ぐ工夫

こんにちは!

島津組の広報担当です。

冬になるとよく見かけるようになるのが、窓やサッシの周りに付着した水滴。これが、冬のお悩みの1つである「結露」です。

結露を放っておくと、カビやダニが発生して空気環境が悪化します。また、アレルギーなど健康面に影響を与え、さらに住宅の健康寿命を縮めてしまう可能性もあるんです。

では、結露が起きにくくするためにはどんな対策が必要なのでしょうか?

結露を起こしにくくするには 

結露が発生する原因は「室内と室外の温度差」と「室内の湿度」。

冬の室内は窓を閉め切って暖かくしているので、室内と室外の温度差が大きく湿度が高い状態です。そのため、室内の暖かい空気が窓の外の冷たい空気に触れると水滴ができ、結露が発生します。

結露を起こしにくくするためには、室内と室外の温度差をできるだけ小さくして、換気が行き届いた状態にすることが大切です。

◎こまめな換気を行う

2003年以降に建てられた住宅では、24時間換気が義務付けられています。島津組では、第三種換気システムを標準仕様で採用。給気は自然の力で行い、排気を機械の力で行います。

オプションで選べる第一種換気システムは、給気も排気も機械で行います。暖かい室内をキープしながら換気ができます

他にもエアコンの設定温度を上げすぎないことによって、結露の発生を効果的に防げます。島津組では、できるだけエアコンに頼らない住まいづくりをしているので、結露が発生しにくい室内環境を実現できるのです。

◎「Low-Eガラス」が結露防止に

私たちが標準仕様で採用しているLow-Eガラスは、ガラス表面の温度が上がりにくく下がりにくいのが特徴。断熱効果も高いので、室内と室外の温度差を小さくして結露を起こしにくくしています。

長く安心して暮らせるように、性能面もしっかり確認しておきたいですね。

島津組では、住まいづくりのHow toを学べる「住まいづくり相談会」を定期的に開催していますので、ぜひお越しください!

Read More
2020.12.08

明るい住まいを作るためには?

こんにちは!

島津組の広報担当です。

太陽の光が降り注ぐ明るい空間は、多くの方の憧れですよね。

理想の住まいを考えるときに「明るさ」は欠かせないポイント。島津組では、できるだけ自然の力を使って、明るく快適な住まいを実現することを目指しています。

南側の窓から光を取り入れる

南側からの日差しを上手に取り入れることで、リビングだけでなく、廊下や奥の部屋まで光が届くように設計しています。そのためには、南面の窓の日当たりを見て隣家との距離や窓の大きさを決めます。例えば、2面に窓を配置したり、ランマ付きのドアを採用するなど、隅々まで光が届くような工夫を取り入れて、自然の光で室内の明るさを確保しています。

勾配天井や吹き抜けで光を取り入れる

屋根の傾斜を活用した勾配天井や吹き抜けも、室内の明るさを確保できる工夫です。高い位置に配置した窓から光を採り入れられ、明るい空間が作れます。また、天井の高さが出ることで、開放感を感じやすくなります。床面積を増やさずに空間を広く見せることができるのも魅力です。

◆クロスを明るい色みに 

明るい空間にするためにはクロスの色みも大切です。白やベージュなどの淡い色みなら明るい空間に仕上げられます。

ただ、壁も天井も白やベージュのクロスにしてしまうと空間がぼやけてしまう懸念も。クロスの一面に色みが違うカラークロスを使ったり、あえて天井の梁を見せることで、空間のアクセントになってくれます。

自由設計の注文住宅だから、家のサイズや方位、周辺環境などを考慮した最適なプランニングができます。島津組で理想の住まいを叶えませんか?

Read More
2020.12.03

冬もあたたかい住まいとは?

こんにちは!

島津組の広報担当です。

12月になり、寒さも本格的になってきましたね!

島津組では、冬もあたたかく、快適に過ごせる住まいづくりに力を入れています。ポイントは「断熱性」「気密性」「日当たり」の3つです!

◆冬の寒さを防ぐ断熱材

冬の室内をあたたかく、快適にするために欠かせないのが断熱材です。最近の住宅では、どこの家にも断熱材が入っていますが、断熱材の種類や工法によって断熱性能に差が出ます。

島津組では、高い断熱性能を持つ吹き付けウレタンの断熱材を採用。施工部分に合わせてカットした断熱材を貼り付ける工法では、細かい隙間までは避けることができませんが、吹き付けウレタン断熱材は現場発泡なので隙間ができにくく、熱の移動をしっかり防ぐことができます。冬でもあたたかく快適な住まいが実現できるのです。省エネ効果が高く、光熱費を抑えてくれるのも嬉しいポイントです!

Low-Eガラスで気密性を高める

断熱性能を高めるためにもう1つ大切なことが「気密性」です。アルミと樹脂でできた高性能なハイブリッド窓と、ガラスには断熱性が高いLow-Eガラスを使っています。Low-Eは2枚のガラスの間に空気層を挟むことで、外気の影響を受けにくくしたガラス。冬の暖房効率を高めるので、光熱費の削減効果も期待できます。また、カビやダニの原因となる結露を防いだり、遮音や防音の効果にも優れています。

◆南側からの光を取り入れる

断熱性・気密性に加えて、家の中に日差しを入れ込む工夫も取り入れています。住宅会社によっては、その土地の環境や方位、日当たりなどが反映されないまま家を建てていることもあります。

島津組では、土地の形や周辺環境、方位など、その住まいが置かれた状況を総合的に判断してプランを立てます。南側の窓から十分な日射量を確保することで、できるだけエアコンに頼らず、自然の力を借りながら暮らせる住まいづくりをしています。

長く快適に安心して暮らすためには、デザインだけでなく、どれだけの性能が備わっているかもよく見極めることが大切です。

島津組で高性能な住まいづくりを始めませんか?

Read More
2020.11.26

【施工事例】暮らしを楽しむ平屋造りの家

こんにちは!

島津組の広報担当です。

今回ご紹介するのは、無駄なものは一切省いて、自分たちが必要とするものだけを込めた平屋の住まい。これまでの平屋のイメージを超えた若いご夫婦ならではの住まいには、これから住まいづくりを考えている方へのヒントがいっぱいです!

 

◆若いご夫婦のイメージをカタチにしたコンパクトな平屋

「若いご夫婦のかわいいお家」というキャッチフレーズにぴったりのコンパクトな外観が印象的なK様邸。ご夫婦のご要望を元に起こした初稿デザインが、ほぼそのまま形になっています。

そのイメージをより具体的にしたのが、奥様お手製のスクラップブック。アイデアメモの合間に、雑誌の切り抜きなどがスクラップされたそれは、初稿デザインを器に、ご夫婦の好きな家具やインテリアなどを思いつくまま盛り付けられたもので、一見アトランダムに見えながらも、そこにはご夫婦の暮らしに対する思いが詰まっています。

◆たっぷりと自然光を取り込むSLDK

「SLDK」の「S」とはLDKの一面をステップアップした空間アレンジ「サービスルーム」のこと。リビングの一部でありながら和室として使える畳敷きスペースです。座敷の造作デスクを設けて、将来的にはスタディスペースとしても使えるように。

サービスルーム以外の居住フロアには全面ヒノキ無垢材を採用。空間全体を包み込む無垢材由来のナチュラルな一体感は平屋造りならではです。

◆収納は必要最低限、開放感を感じる空間に

空間の一体感に拍車をかけているのが収納空間の少なさです。「収納があるからモノが増える」という考えから収納にスペースを割かないことで開放感をプラス。

その中でも、「S」の段差を使った大型収納や造作洗面台の引き出しなど、極端な収納レス設計にならないバランス感覚もこの住まいの特徴。

2SLDKという間取りで構成された平屋造りながら、広さと快適さを感じる工夫が随所に施されています。

「ここにいるだけで楽しい」とご満足いただき、私たちも嬉しい気持ちでいっぱいです。

皆さまの住まいづくりの参考になれば幸いです。

Read More
2020.11.24

現場監督のプロフェッショナルな仕事術

こんにちは!

島津組の広報担当です。

「プロフェッショナルな現場」が私たちの自慢の1つ。

丁寧な仕事ぶりやお客様への想いは、そのまま住まいづくりにも表れます。

今回は、新築住宅の現場で指揮をとる現場監督をご紹介します!

 

◆住まいづくりへのこだわり

「常に最善な納まりはないか考え、細かな部分こそ大切にしています。ひと手間や工夫を惜しまずに、分からないことは相談して各部署と連携しながら、根気強く取り組むことを心がけています。」と話す現場監督。

島津組の現場は驚くほどキレイ! 「細かなところまで丁寧に」という姿勢が現場を見れば伝わってくるんです! 見えないところまで真摯に向き合うからこそ、お施主様からの満足度が高い住まいがつくれるのだと思います。

◆お施主様と施工者のパイプ役になれるように

「設計の意図・打合せ内容・お施主様の意向を施工者にわかりやすく伝えることも心がけています。工事中にご不安に思われることがないように、またお施主様にいつでもご相談いただけるようにお声がけをしています。」

お施主様の意向を正しく汲み取り、それを現場の職人さんたちへ伝えるのが現場監督の役割。プロフェッショナルな姿勢が問われるところでもあります。お施主様に安心して任せていただけるように、些細なこともご相談いただきたいと思っています!

◆チームで叶える夢の住まい

住まいづくりが始まるそのときから、お客様と島津組はひとつの「チーム」です。スポーツでも良いチームが勝ち上がっていくように、良い住まいも良いチームから生まれると私たちは考えます。お施主様の夢を一緒に叶えるために、お困りごとや小さな工事でも迅速に対応します。

「ご家族が楽しく快適に毎日を過ごしていただけるように」

そんな想いを住まいづくりに込めて、今日も現場には活気が溢れています!

Read More
2020.11.19

島津組のアフターサービス

こんにちは!

島津組の広報担当です。

どんなに美しいおうちも、月日が経つごとに老朽化してしまうことは避けられません。老朽化のスピードを緩やかにするのが建てたあとのメンテナンスです。

できるだけ美しい状態で快適に住み続けていただくために、完成後はリフォーム事業部へ引き継ぎ、当社住まいメイトやメンテナンス担当者が継続的にサポートを行っています。

◆定期訪問

お引き渡し後は、当社の住まいメイトが定期的に訪問させていただきます。おうちの住み心地やお困りごとなどをお伺いします。いつまでも快適に暮らしていただくために、女性ならではの細やかな視点で対応します。訪問の際に、住まいに関するお役立ち情報が満載の当社発行情報誌「clasimazu」もお届けしています。

◆定期点検

お引き渡し後、1ヵ月・6ヵ月・1年・3年・5年・10年のタイミングでメンテナンス担当のスタッフが無料で定期点検を行っています。お施主様にお話を伺いながら、プロの目でおうち内外を丁寧に点検し、不具合がないかを確認。大切なお住まいでお困りのことやご不安な点などがあれば、何でもご相談ください。

私たちが目指すのは、「かかりつけの工務店」。

おうちは、住んでからのメンテナンス意識で老朽化のスピードに大きく差が出ます。地元密着型の島津組ならではのきめ細かい対応で、建てたあとも長く快適に住み続けるためのサポートをお約束します。

Read More
2020.11.12

「住まいづくり相談会」ってどんなもの?

こんにちは!

島津組の広報担当です。

「何から始めていいのか分からない」

「どこに相談したらいいのか分からない」

はじめての家づくりは分からないことだらけ。

そんなときに活用していただきたいのが島津組の「住まいづくり相談会」です。

◆住まいづくりで後悔してほしくない 

皆さんはご存知でしょうか。実は、比較的新しい家に住んでいる方でも建てた家に何らか不満を抱えているのです。暮らしに合わない間取りや冬の寒さ・夏の暑さ、光熱費が高い、高すぎる住宅ローンなど、人によって理由はさまざまですが、家づくりに関わる私たちにとって、それはあってはならないこと。

多くの場合、性能や使い勝手を無視した見た目や、必要な部分のコストまで抑えたローコストの家づくりが原因。家づくりを始める前に、さまざまな疑問を解決するとともに、家づくりで本当に大切なことを知っていただきたいと思っています。そんな想いで毎月開催しているのが「住まいづくり相談会」です。

◆どんなことが相談できるの?

「住まいづくり相談会」は、家づくりに対する疑問や不安を伺いながら、失敗しない家づくりのポイントや島津組の家づくりについてもお伝えしていきます。

✔家づくりの手順について

✔土地探しについて

✔資金計画のこと

✔デザインや間取り、性能のこと

など、家づくりに関することを何でもご相談ください!

住まいづくり相談会は、3日前までのご予約で随時開催いたします。

◆11月開催の「住まいづくりセミナー」

住まいづくりセミナー(勉強会)も定期的に開催しています。

【知ってなっとく住まいづくりの第一歩】

  • 日時:11月21日(土)10:00〜11:30

□土地探しから建築工事・引越しまでのスケジュール

□住宅ローンいくらまで借りられる? □土地と建物だけじゃないその他の諸費用とは?

□土地との出会いから焦らない為には? □工務店選びの期間とは?

□オーダーメイドのライフプラン ※参加費無料

【からだにうれしい さいふにやさしい 住まいづくり】

  • 日時:11月21日(土)13:30〜15:00

□断熱でアレルギーが治っちゃう?

□家族を守る住まいづくりって? □島津組のリノベーション! 事例をご紹介!

※参加費無料

ご来場の方には、某コーヒー店のギフト券1,000円分をプレゼントいたします!

 

恐らく多くの方にとって一生で一番大きな買い物である「家」。だからこそ、家づくりで本当に必要なことを知り、後悔のないマイホームを叶えてほしいと思っています。

この機会にぜひ学んでみませんか?

Read More
2020.11.10

「くらしまず」って、どんなところ?

こんにちは!

島津組の広報担当です。

今回は、私たちのサービスの1つである「くらしまず」についてご紹介します。

◆「くらしまず」とは?

「くらしまず」は、住まいのお困りごとや暮らしのお困りごとをワンストップで解決していくための入口として始めたサービスです。

「家を建てたい」

「リフォームをしたい」

「不動産の売買をしたい」

島津組は創業以来、地域の皆さまの住まいに関するお困りごと一つひとつに誠実に、愛情をもって対応してきました。その中で、島津組だからこそ気づくことのできる、そして寄り添って解決に向けたお手伝いができる部分があるのではないか、という思いに行き着きました。

“お客様に向き合い、長きにわたる信頼関係を築くこれまでのスタイルは大切にしながら、住まいの先にある、お金のことや法律のこと、ご家族のこと、相続のことなどの暮らしのお困りごとにも寄り添いたい。”

「すまい」の領域を超えて、暮らしのお困りごとに幅広く対応していきます。

◆専門性が高い分野にも対応 

くらしまずでは、これまで培ってきた住まいメイトによる定期訪問だけではなく、専門家ネットワークを活用した士業連携、またそれらに関わる来店相談などにも対応していきます。

「すまい」に関するちょっとした疑問、相談はもちろんのこと、法務や税務などの専門性が高い分野でも、社内外の専門スタッフがチームを組んで解決に向けてサポートさせていただきます。

くらしアテンダントがお待ちしています。

はじめてのお客様でも安心してご相談いただけるように、「くらしアテンダント」が常駐しています。

くらしアテンダントを窓口として、相続、税金、空き家など個人では解決が難しいお困り事でも、スタッフが親身にお客様の話を伺い、わかりやすく丁寧に寄り添いながら解決に向けたサポートを行っていきます。

専門家ネットワークを活用した「おかね」や「くらし」にまつわるご相談にも、士業などの専門家との橋渡し役として対応していきます。

暮らしに関するどんなお悩みも、まずは私たちにご相談ください!

Read More
2020.11.05

スタディスペース&ワークスペースの紹介

こんにちは!

島津組の広報担当です。

「東大生の多くがリビングで勉強していた」というデータから、リビングで勉強するスタイルが主流になってきていますよね。今年はさらに、新型コロナウイルスの影響によって在宅ワークが増加。おうちの中のスタディスペース・ワークスペースがますます注目されています。

そこで、今回は島津組の施工事例の中から、スタディスペースとしてもワークスペースとしても使えるカウンタースペースをご紹介します。住まいづくりの参考になれば嬉しいです。

 

LDKの一角にある共有スペース

LDKの一角にあるスタディスペース。LDKの中でもダイニング側にカウンターをつくることで、キッチンに立ちながら勉強するお子様に目が行き届きます。ワークスペースやちょっとした作業スペースとしても使っていただけます。家族共有のスペースとして人気です。

◆半個室型の和室で作業に集中

LDKの横にある小上がりの和室は、LDKにいる家族と繋がりながら半個室のように作業に集中できます。ワークスペースとして使う場合は、仕事の合間にリビングにいるお子様にも目が行き届き、仕事の合間に家事をすることもできます!

逆に、お子様が勉強をしているときには、キッチンに立ちながら様子が分かるのも嬉しいポイントです。

◆書斎にあるワークスペース

個室で集中して仕事をしたい方におすすめなのは、書斎兼ワークスペース。仕事空間と生活空間を分けた間取りで、会社にいるときと同じように仕事が捗る環境です。

カウンターの目の前の窓からは、外の景色を眺めることができて、仕事の合間に休息を味わうこともできそうです。仕事以外にも、読書などの趣味を楽しむ場所として、多目的に使っていただけるスペースです。

皆さんは、どのスペースがお好みでしたか? “こんな暮らしがしたい”というご希望に合わせて間取りのご提案をさせていただきます! まずは、ご相談からお気軽にお越しください!

Read More
2020.11.03

島津組の住まいづくり

 

こんにちは! 島津組の広報担当です。

 

今月より、広報担当より島津組の家づくりについて発信していくことになりました。

家づくりの際の参考にしていただけますと幸いです。

 

初回は、改めて島津組の住まいづくりについてご紹介いたします。

「暮らしのことなら何でもサポートできる」

島津組は、そんな会社でありたいと願っています。

 

お客様のニーズやさまざまなライフスタイルにお応えできるように、新築住宅、リフォーム、不動産と多岐にわたる事業で、住まいと暮らしをトータルでサポートしています。

   

土地探しからサポート:不動産部門

島津組には不動産部門があり、家づくりのための土地探しからサポートします。

「こんな暮らしがしたい」

というご要望に合わせて、お客様にぴったりな土地をご紹介。

土地探しは不動産会社へ、家のプランニングは住宅会社へ、と別々の会社に依頼すれば、時間も手間も膨らんでしまいます。島津組では、土地探しから全てお任せいただけるので、家づくりにかかる労力を短縮! お忙しい方にも喜んでいただいています。

 

新しい住まいづくり:新築住宅部門

島津組の新しい住まいづくりは、夢を聞かせてもらうことから。新しいおうちで叶えたいこと、希望の間取りやデザイン、資金面のことなど、家づくりに関する疑問や不安も何でもご相談ください。

資金計画のお悩みや疑問点を解消していただくために、定期的に社外のファイナンシャルプランナーによるFP相談会も無料で実施しています。人生を見据えた資金計画で無理なくローン返済を行いながら、新しい住まいを建てたことによって、さらに暮らしや趣味を楽しめるようにご提案しています。

お客様の家族構成、ライフスタイル、趣味、さらには周辺土地環境、資金、将来設計まであらゆる面を考慮しつつ、お客様の想いを実現するために何度も打ち合わせを重ね、お客様のためだけの理想の住まいを創り上げていきます。

 

ライフスタイルの変化にも対応:リフォーム部門

長く住む中で生じる不具合やライフスタイルの変化によるリフォームなど、小さなことから大きなことまでトータルでサポートします。

お施主様の『かかりつけ工務店』をモットーに、確かな技術力と迅速なフットワーク、そして地域密着ならではのきめ細かな対応で、お客さまとの末永いお付き合いをお約束します。

 

私たちは、暮らしのことなら何でもサポートできる会社でありたいと思っています。

些細なことでも、ぜひ私たちにご相談ください。

Read More